鼻ニキびの治し方について

昔からの言葉で出物腫物ところ嫌わずと言いますが、
鼻にできるニキビは見た目も良くなく、うっかり触ると細菌が入って膿んだりします。

 

鼻のニキビの治し方はいろいろな方法がありますが、
夜更かしなどをしないで規則正しい睡眠をとること、ストレスを溜めないで
発散すること、食べ過ぎに注意すること、バランスのとれた食生活を
心がけること、リラックスして水分を摂ること、
そして皮膚を清潔に保つことなどが良いと言われています。

 

またメイクにも注意して毛穴を塞ぐような化粧品は使わないようにしましょう。
そして、ニキビが炎症を起こした場合には皮膚科の病院で治療を受けることです。

 

このように見ると鼻にできたニキビの治し方は日常生活でのちょっとした注意とケアですから、
誰でもできることです。
一番いけないのはニキビを自己流に無理に潰そうとすることで、
これは治ったとしてもニキビ跡が残る心配があります。

 

またメイクをする際には、ビタミン誘導体やセラミドが配合された化粧品を使うことをおすすめします。
つまりこれらのトータルケアをきちんとすれば嫌なニキビは治りますし、ニキビ再発の予防にもなるでしょう。
なお、鼻は顔の中心で目立ちますから、できるだけニキビ予防に気を配ることが一番良い治し方になります。

ニキビとホルモンバランスの関係性

「思春期ならではのもの」というイメージの強いニキビですが、
大人の場合にも、いわゆる「大人ニキビ」というものが発生します。
要因もやはり、大人特有のものが多いです。

 

大人ニキビが生じやすいのは、顔のラインや顎などであり、
主な原因はホルモンバランスの狂いです。
ホルモンバランスの狂いとニキビは、どのように関連しているのでしょうか。

 

 

ニキビの要因は男性ホルモン

ニキビの要因は、毛穴が皮脂で塞がる事ですが、
この塞がりを招いているのは、主に皮脂の過剰発生です。

 

普通は皮脂の発生量に対して、毛穴の方が大きいので、塞がる事はないのですが、
ホルモンバランスが狂って、皮脂が多量に発生した際は、塞がってしまいます。
そして、汚れなどに付着して、黒ずみに発展する可能性もあります。
この鼻の黒ずみが発展すると、なかなか治らないイチゴ鼻になるのです。

 

このような皮脂の発生を促進するのが男性ホルモンであり、
ストレスが蓄積すると、男性ホルモンの分泌量が、
増加する事が明らかになっています。

 

男性の方が皮膚が脂っぽくなりがちなのは、女性よりも皮脂の量が多いからです。
しかしその分、男性の方が汗腺や毛穴が大き目であるため、塞がりにくく、
男性の方がニキビが発生しやすい、という事態にはなっていません。

 

 

目を向けるべき問題は、あくまでもホルモンバランスの狂いです。
女性ホルモンが増加すれば、仮に男性ホルモンが増加したとしても、

 

男性ホルモンの活動を、女性ホルモンがブロックしてくれます。
ですから、女性ホルモンの分泌を促す事が重要なのです。

 

 

ホルモンバランスを把握するには?

ホルモンバランスの狂いが要因だとは理解できても、目視できる類のものとは違うので、
チェック方法を覚えておく必要があります。

 

自らのホルモンバランスを把握したいのであれば、
生理サイクルをチェックするのがオススメです。

 

 

生理サイクルとは、月経の開始日から、
次回の月経が開始した日の、1日前までの期間の事を指します。

 

数日の違いは良く起こり得る事なので、それほど心配する必要はありませんが、
このサイクルがあまりにも安定しないのであれば、
ホルモンバランスの狂いを疑った方が良いです。

 

詳細な生理サイクルを認識したいのであれば、基礎体温を確認するのがオススメです。
基礎体温の変動により、女性の身体に関する色々な事が把握できます。
そこにはもちろんホルモンバランスも含まれています。

 

 

ホルモンバランスは些細な原因で狂います。

 

一例を挙げると、更年期や思春期など年齢に左右されて、自分ではどうにもできないもの、
または慢性疲労や無謀なダイエットによって、
心身に負担が掛かってしまった、というものなどがあります。

 

さらに近年増加傾向にある要因として「過剰なストレス」などもありますので、
気を付けましょう。